手汗 手術 副作用

手汗の手術は副作用への覚悟がない場合は絶対にやめてください。

手汗 手術 副作用

 

手汗を手術(交感神経切除手術)で止めたことにより、副作用の代償性発汗に悩んでいる人は多いです。

 

中には、ごく普通の一般生活にさえ支障が出てしまう人もいます。

 

今では少なくなっていると願いたいのですが、まだネットも普及していなかった当時、
手術自体はスキルがそれほど不要ということも有り、
「何も心配することはありません、安心して手術を受けてください」と、
手汗を止めるために、手術を受けさせる医者が多数いました。

 

その結果、夏にはありえないほどの汗を体中にかき、
一般的な生活ですらできなくなってしまった人が多いのです。

 

確かに、
副作用である代償性発汗の説明はされていたでしょう。
それが医者の義務ですので、怠れば大問題です。

 

しかし、中には説明不足で患者を募り、
手汗を止めるETS手術を実施していた医者もいたのではないかと推測します。

 

その結果、手汗は止まったけどそれ以上の汗が
全身から溢れるようになってしまった人がたくさんいます。

 

手術で神経を切ってしまうと元には戻らない

手汗 手術 副作用

 

神経を一度切除してしまうと、元には戻せません。

 

代償性発汗の治療として、リバーサル手術があります。
確かに、この手術により代償性発汗は多少収まるようです。

 

しかし、
手汗を止めるために手術をした結果、体の他の部位から汗が出て、
それにより、また手術をしなければならないなんておかしくありませんか?

 

人の体をなんだと思っているのでしょう。

 

手術して満足できなかったから、また手術・・・
人はそんな簡単に切り刻まれていい存在ではありません!

 

 

手汗は手術の副作用がない方法をまずは試すべき

 

手術の怖さや理不尽さを語ったところで、あなたの手汗が止まるわけではありません。

 

しかし、副作用への覚悟がないうちに手術を決断するのは絶対にやめてください!

 

手術にかかった費用は、いくら高額であれ戻ってきます。
しかし、一度切ってしまった神経はどんなことがあっても戻りません。

 

もう、手術以外に方法はない・・・
どうしても手汗を止めたいんだ!副作用も覚悟している。
そういった場合のみ、手術を検討されることをおすすめします。

 

その場合も、大手病院だからなどという理由でなく、
いくつもの病院や医療機関を訪れ、専門家の話を聞いてください。

 

 

手汗を手術の副作用なしで止められるかもしれない ひとつの方法

手汗 手術 副作用

 

これは、私が試した結果効果があった手汗を止めるためのひとつの方法です。

 

他にもたくさんの方法はあると思いますし、
あなたにあった方法はこれではないかもしれません。

 

しかし、
自分で効果が出た方法を手術をうける前の1人でも多くの人に知ってもらうため、
このように紹介しようと思いました。

 

それは、

 

 

手汗改善マニュアル

 

 

です

 

入浴法や食事療法、そして自律訓練法と
医学的要素がない治療法です。

 

私も昔は医学が全てで、手汗を止めるには医者にお願いするしか無い!
と思っていましたが、今は違います。

 

最初は期待半分、疑い半分でプログラムを開始しました。
それこそ、書いてあることを片っ端から試しました。

 

実践自体は、全く難しいことはありません。
誰でもこなせる内容です。

 

そして、手汗改善マニュアルのメインプログラムである、
30日間コンプリートプログラムを実践して、2週間ほど経過した時でした。

 

徐々に、いつもなら手汗が出るタイミングだろう時に、
なぜか手汗が出ないのです。

 

おっ、効果出てきたのかな?と期待7割ぐらいになりました。

 

それから、30日間きっちりと実践しました。

 

すると、
これまで数十年悩んでいた手汗が、サラサラ・・・とまではいきませんでしたが、
生活していくのに全く気にならなくなりました。

 

これまで持ち歩いていたタオルも手放しました(笑)

 

たまに手汗が出るときもありますが、
その時は手汗改善マニュアルの方法をしっかり実践しています。

 

手術しなくて本当によかったと思えた瞬間でした。

 

全額返金保証があるようです

 

手汗改善マニュアルには、実践しても手汗が止まらなかった時のために
購入費用の全額返金保証があります。

 

これにより、購入者のリスクを取り除いてくれるは嬉しいですね。

 

もし、手術を受けようと思っている人は、
その前に、少しだけこういった方法も試してみてください。

 

 

手汗 手術 副作用

 

 

手汗の手術で後遺症の可能性があるのはご存知ですよね?
手汗の代表的な手術である「胸腔鏡下交感神経切除術(ETS手術)」には怖い副作用があります。
脅かしているわけではありません、あなたを脅かしても何もメリットはありません。
ただ、手術を決断する前に手術の副作用、後遺症やリスクについてだけは知っておいてもらいたいのです。

 

なぜかというと、手術は確かに効果があります(もちろん100%ではありません)。
しかし、ETS手術の怖い副作用・後遺症として、「代償性発汗」があります。
そもそもETS手術を簡単に説明すると、手汗を出している神経を切除、切ってしまう手術です。
なので、神経を切ってしまえば物理的に汗をかくことがなくなります。そして・・・ここからが代償性発汗の怖い所です。
神経を切ってしまうので、これまで手汗として出ていた汗が体の他の部分(背中、太ももやお腹)から出てきます。
川をせき止めて、他の川に流す、そうすると他の川が溢れますよね?
代償性発汗はそれと同じ事です。手汗として出ていた汗が他の部分からでてくる。
今まで手汗で何十年と悩んできた方は、手から汗が出ないだけでも満足する可能性はあります。
しかし、一度切ってしまった神経は戻りません。
代償性発汗にはリバーサル手術という手段はあります。
しかし、代償性発汗のリバーサル手術も完全にもとに戻す手術ではありません。
費用も手術に対するリスクも当然あります。
まずは、手汗の手術という副作用・後遺症の危険性がある最終手段ではなく、手術や薬ではない方法を見つけませんか?

 

手汗を止める方法